【エピソード大賞】がんばれ! がんばれ!
タクシーで巻き起こる、数々の物語。 その中で実際にあった「とっておきのエピソード」を紹介します。 ふと「みんな楽しそう」とさびしそうに呟く若い女性。 ドライバーのどんなエールで笑顔を取り戻したのでしょうか。
Update Date : 2016-08-06 09:59:02
Author : ✎ MKタクシー


この記事をシェアしてください。 ☺

第2回エピソード大賞 実施:2014年 対象:京都・滋賀・名古屋・札幌・東京・神戸・大阪・福岡のMKグループ8社 応募総数:398通
MKエピソード集 |MKタクシー
第1回エピソード大賞についてはこちらを御覧ください。
がんばれ! がんばれ!
今から2年前の5月頃、GPSで下鴨方面へお迎えにあがったときの出来事です。 ご乗車されたのは、夜勤の若い女性の看護師さんでした。 出発し、河原町御池にさしかかったときのこと。 突然、独り言を呟かれました。 「みんな楽しそう」と。 私は思わず「ん?」と呟いてしまい、「どうなされましたか?」と声をかけました。 すると、「私は仕事ばかり。うち(ふるさと)に帰りたい」と目を赤らめておられました。 「五月病? それともホームシックかな?」と思い、明るくやさしく、笑顔で話しかけていると、さらに「岡山から出てきて、不安で、先が見えません」とおっしゃいました。 「そうですか。光が見えませんか。よかったらおじさんのたわ言を聞いていただけますか?」 こう尋ねると、身を乗り出してこられました。
OpenMatome
「看護師さんの仕事は誰でもできるものではないですよ! 患者さんの生と死の間でする仕事、もっと誇りを持ってください。3~5年したら、きっと自信がついて世界が広がりますよ。 今やるべきこと、使命を果たさなきゃ、ね! あ、それとホームシックの治療法として、当分、休みを利用して、京都~岡山を行き来されることをすすめします。 距離感が縮まって、『いつでも帰れる』と思ったら、逆に帰るのがめんどくさくなるものです。 新幹線で1時間、近い近い! がんばれ! がんばれ!」 こんなエールを送りました。お客様からは「はい!」と一転、元気な声で返事をいただきました。 下車後、お客様はこちらを見て深々と頭を下げて挨拶してくださいました。 私は思わず、笑顔で左手を上げ、敬礼をしてしまいました。 人生で大切なことは心のありよう。 心持一つで、生き方を変えることができると信じています。
OpenMatome
ご予約・お問い合わせ
観光タクシー
MK観光タクシー・ハイヤー
ご予約・お問合せはお電話(075-757-6212)、またはMKタクシーHPで。
WEB予約もできます(WEB予約割引1割引!)
MK観光タクシー・ハイヤー
タクシー
MKタクシー
通常のタクシーは075-778-4141まで お電話不要、簡単注文「スマホ配車」はこちら
MKタクシー

この記事をシェアしてください。 ☺





関連記事
1
【エピソード大賞】一本の傘が教えてくれたこと
2
【エピソード大賞】死んだらダメよ
3
エピソード大賞 誇りある仕事
4
エピソード大賞 ~MKさんがいなければ 生きていけない
5
エピソード大賞 ハッピーなバースデイ
6
海外で人気爆発!時代の最先端をゆくミニセグウェイに乗ろう!
7
【エピソード大賞】冥土の土産!?
8
【エピソード大賞】全盲のお客様をガイド
9
MKさんのグルメリポート*京都たかばし 本家 第一旭編*
10
大田の小径の桜特集 ~ソメイヨシノ
Maiko SNS
SNSで舞妓さん撮影会の情報発信中
APP
Apple TV 4Kで迫力の高画質舞妓さん映像を!(無料)
今咲いている京都の花情報配信中(無料)


人気のある記事
1
iPhoneを縦向きで動画撮影したときの編集方法
2
『舞妓さん撮影会~写真をオープンデータ化』参加者募集中!
3
自動車運転免許の最高峰 けん引第二種免許とは
4
【京都】町家でランチ〜厳選7店
5
京都の『やきいも』~4カ所巡り
SS