旅行女子(936x120)
登録事務手数料3,000円引きクーポンコード : A3007E132

妙覚寺:大門は聚楽第の遺構と伝えられる安土桃山時代の建築(京都府指定有形文化財)
本堂や大門は、京都府指定有形文化財。 この大門は、安土桃山時代の建築。 豊臣秀吉が天正18年(1590)に建てた聚楽第の裏門であったものを、寛文3年(1663)当地に移建したものとされている。 西本願寺飛雲閣、大徳寺方丈、唐門などとともに数少ない聚楽第の遺構です。
Update Date : 2017-09-23 00:00:57
Author : ✎ htakagi


この記事をシェアしてください。 ☺


妙覚寺へのアクセス
〒602-0007 京都市上京区 下清蔵口町135 京都市営バス:「堀川寺ノ内バス停」から徒歩 9系統:二条城・京都駅から 12系統:四条河原町・三条京阪から 時刻表 https://www2.city.kyoto.lg.jp/kotsu/busdia/hyperdia/menu177.htm
35.036533899364905
135.75363289563484
0
0
0
14
35.036533899364905,135.75363289563484,0,0,0
妙覚寺 (京都市) - Wikipedia
日蓮宗の本山(由緒寺院)。山号は具足山。 開山:日実 開基:小野妙覚 1378年(永和4年)日実によって創建され、四条大宮に妙覚寺を建立した。 1483年(文明15年)には足利義尚の命により、二条衣棚に移転した。 1536年(天文5年)の天文法華の乱際に寺は焼失し、堺に避難した。 1548年(天文17年)後奈良天皇は法華宗帰洛の綸旨を下し、妙覚寺は二条衣棚の旧地に再建された。 1582年(天正10年)の本能寺の変の際、織田信長の嫡男織田信忠は妙覚寺を宿舎としていた。 1583年(天正11年)、豊臣秀吉の命により、現在の地に移転。 1788年(天明8年)、天明の大火により焼失するが、その後再建された。 ●妙顕寺、妙覚寺、立本寺の三寺はいずれも山号を具足山と称し、「龍華の三具足(りゅうげのみつぐそく)」と呼ばれている。
●文化財 ・重要文化財(国指定) 盂蘭盆御書 日蓮筆 ・京都府指定有形文化財 本堂 祖師堂 華芳塔堂 華芳宝塔 大門 木造日蓮坐像
妙覚寺大門(駒札)
妙覚寺は北竜華具足山と号し、京都日蓮宗名刹三具山および京都十六本山の一つである。  南北朝時代の永和4年(1378)、竜華院日実上人により、信徒で豪商の小野妙覚の四条大宮の邸に創建され、その後、二条衣棚(ころものだな)に移ったが、豊臣秀吉による都市改造の際に、この地に移建された。    一時は、本能寺とともに、織田信長の上洛時の宿所とされ、千利休による茶会も催された。  この大門は、寺伝によると、秀吉が天正18年(1590)に建てた聚楽第の裏門を、寛文3年(1663)に移建したものといわれており、西本願寺飛雲閣(ひうんかく)、大徳寺の方丈、唐門などとともに数少ない聚楽第の遺構である。 城門特有の両潜(りょうくぐり)扉を持ち、梁の上には伏兵を配置できる空間が設けられている。 建築史上興味ある建物である。

この記事をシェアしてください。 ☺





関連記事
1
大本山建仁寺 塔頭『西来院』
2
黒谷『永運院』の魅力
3
1670年(寛文10年)に創建された『二条陣屋(重要文化財「小川家住宅」)』
4
京町家『無名舎』(国指定登録有形文化財)
5
歴史が息づく様式の美学。京都市指定文化財「長江家住宅」
6
【名勝 無鄰菴】明治・大正の元老山縣有朋が造営した別荘
7
紅葉とライトアップの高台寺
8
茶室「堪庵(たんあん)」(京都国立博物館)
9
池泉廻遊式庭園や枯山水庭園が美しい「建仁寺塔頭 両足院」
10
本堂が1743年に創建された『立本寺』( 京都市指定文化財)
Maiko SNS
SNSで舞妓さん撮影会の情報発信中
APP
Apple TV 4Kで迫力の高画質舞妓さん映像を!(無料)
今咲いている京都の花情報配信中(無料)


人気のある記事
1
iPhoneを縦向きで動画撮影したときの編集方法
2
『舞妓さん撮影会~写真をオープンデータ化』参加者募集中!
3
自動車運転免許の最高峰 けん引第二種免許とは
4
【京都】町家でランチ〜厳選7店
5
京都の『やきいも』~4カ所巡り
SS