無制限(936x120)
登録事務手数料3,000円引きクーポンコード : A3007E132

タタツ シンイチ・作『味土野にて』~ガラシャ物語より
「この地はかつて『御殿(みどの)』と呼ばれておった――」  深い雪に降り埋められた山小屋の中、囲炉裏に薪をくべつつ、老爺(ろうや)は物語り始める。 「まさにこの場所に、奥方様のお住まいなさる女城(めじろ)。谷一つ隔てて、御側の者が暮らす男城(おじろ)。二つの屋敷は深い堀に囲まれ、さらに険しき丹後……
Update Date : 2017-02-18 21:43:45
Author : ✎ novel


この記事をシェアしてください。 ☺

タタツ シンイチ・作『味土野にて』~ガラシャ物語
味土野にて
ガラシャ物語『味土野にて』 著:タタツ シンイチ カバーイラスト:綿貫(わたぬき) 『ガラシャ物語全集』は、京都フラワーツーリズムが提供する「まちおこし小説」の一環として出版されています。 kyoto.flowertourism.net/
「この地はかつて『御殿(みどの)』と呼ばれておった――」  深い雪に降り埋められた山小屋の中、囲炉裏に薪をくべつつ、老爺(ろうや)は物語り始める。 「まさにこの場所に、奥方様のお住まいなさる女城(めじろ)。谷一つ隔てて、御側の者が暮らす男城(おじろ)。二つの屋敷は深い堀に囲まれ、さらに険しき丹後の山々に包まれ……戦国の世から隔てられておった」  老爺はそう言い、手にした薪を折った。 「もはや、ここまでじゃ――」  夜闇に飛沫(しぶ)く滝の側、傷ついた男は膝をつき、若者に命ずる。 「ここは引き受けた。うぬは行け。御役目を果たせ」 「――なりませぬ! いや、かの御方の顔を、俺は知らぬ……独りでは行けませぬ!」  闇の向こうから、追手の気配が近づいてくる。裂けた腹を掌に押さえながら、傷ついた男は苦しげに笑んだ。 「案ずるまでもない。一目見れば分かろう。世の誰よりも美しく、聡い女性である故に、な――行け。御役目を……」 「……父……」  声を、涙を呑み込みつつ、若者は跳躍した。鳴滝と、剣戟の音とを背後に振り切り、夜の峰々を駆け抜けていきながら――その地の山深さに、今は改めて驚愕していた。  ……文字通り、鳥も通うまい。このような山奥に、二十歳にも満たぬ若さで封じられるとは――本能寺――父親の謀反は、娘の罪ではなかろうものを。  道理ではあり得ぬ咎めを、太閤の権勢を恐れるあまり、母子を引き離し、罪なき妻を押込にする。戦国の世を生き延びるとは、なんと苛(むご)いものなのか……。  駆ける。暗く深い山奥の夜を、若者は駆ける。  闇の中に映える灯を目当てに、堀を跳び越える。人気のない庭に降り立ったそのとき――灯に照らされた障子が、開かれた。 「…………」  月でも見ようと、縁に出たところであろうか。月光に照らされた面立ちの美しさに、目指すその名を呼びかけるより早く――女性が、呟いた。 「忍びか……忠興(ただおき)様の……」 「……は……」  美しく、また聡い――噂に違わぬその女性を前に、若い忍びは平伏した。 「忠興様は――」 「共にお越し下され、奥方様。どこまでもお守りするよう、御命を頂いております」 「…………」 「離縁とは、乱世を凌ぐ表向きのこと。殿は、奥方様を変わらず想うておられます。……手筈は既に。秘かにここを脱けた後、ゆくゆくは殿の――お子様方の元へとお連れ申し上げましょう」 「…………」  お珠(たま)は、答えない――縁から見下ろす美貌に震えながら、若い忍びは庭土に額を擦りつける。 「猿めの天下とて、永劫ではございませぬ。世間を忍ぶ屈辱なぞ、一時のこと……どこまでもお守り申し上げるよう命ぜられております。……今は、某と共に外界へ。奥方様。奥方様……」 「…………」  お珠は、暫(しば)し沈黙していたが――やがて、しめやかに笑いだした。  一頻(しき)り、声を殺して笑い終えると、茫然と驚く若者の前、いっそ愉(たの)しげに響く声を、月夜に向かって張り上げる。 「誰かある。曲者はここに。誰かある――」 「美しく、また聡い。そうした御方ゆえ……あの頃にはもう、悟っておられたのやもしれぬ」  幾本めかの薪を折りくべながら、老爺は呟いた。 「乱世の定めにも挫けず、人の心にも依らぬ何かを……何にも依らぬ強き想いを、御心の内に固めつつあればこそ――奥方様は、某と共に来られなかったのじゃろう。いや、外界に出ることも、世間を忍ぶことも、あの御方にはもはや必要でなかった。奥方様は、この御殿にて……山深き味土野の地にて……」  ――さすれば、御老は――  幕府の役人が問いかける前、老爺は頷き、微笑する。 「どこまでも、お守り申し上げる――そう命ぜられた故に、のう……」  小屋に染み入る寒気の中、投じられた薪が弾け、囲炉裏に燃え上がる。  その炎が、老爺の胸元の何かを照らし――小さな十字の光を撥ねた。 〈了〉

物語の舞台
細川忠興夫人隠棲地(女城跡)
35.65034819812813
135.15536069695372
0
0
0
10
35.65034819812813,135.15536069695372,0,0,0
物語の舞台:細川忠興夫人隠棲地(女城跡)
味土野史跡巡り
父・明智光秀の謀叛故に、玉子は2年ほど、 丹後半島山中の味土野に隠棲しました。 味土野には男城と女城があります。
「タタツ シンイチ」さんの作品
『マーダー・アイアン』で第七回日本SF新人賞受賞。最近作は、ノベライズ『戦国BASARA3 徳川家康の章』。

この記事をシェアしてください。 ☺





関連記事
1
寒竹 泉美・作 『行軍ブラザーズ』~ガラシャ物語より
2
遠藤 徹・作『光秀の自転車』~ガラシャ物語より
3
花房 観音・作『狂恋』~ガラシャ物語より
4
花房 観音・作『狂想』~ガラシャ物語より
5
小林 泰三・作『花も花なれ、人も人なれ』~ガラシャ物語より
6
奥田 哲也・作『勝竜寺城合戦記』~ガラシャ物語より
7
宮木 あや子・作『決別』~ガラシャ物語より
8
鏑木 蓮・作『花のあしあと』~ガラシャ物語より
9
三輪 チサ・作『うちでとこづち』~ガラシャ物語より
10
斎藤 肇・作『文武の才』~ガラシャ物語より
Maiko SNS
SNSで舞妓さん撮影会の情報発信中
APP
Apple TV 4Kで迫力の高画質舞妓さん映像を!(無料)
今咲いている京都の花情報配信中(無料)


人気のある記事
1
iPhoneを縦向きで動画撮影したときの編集方法
2
『舞妓さん撮影会~写真をオープンデータ化』参加者募集中!
3
自動車運転免許の最高峰 けん引第二種免許とは
4
【京都】町家でランチ〜厳選7店
5
京都の『やきいも』~4カ所巡り
SS