SIM交換不要バナー(936x120)
登録事務手数料3,000円引きクーポンコード : A3007E132

巧みな技術で電信柱ギリギリを通過する山鉾
山鉾巡行といえば、四条通、河原町通、御池通など広い通りを威風堂々と巡行するイメージが強いですが、新町通に入ると一転して細い道を電信柱を巧によけながら通過する姿を間近で見ることができます。 まさに腕の見せ所といったところでしょう。ちなみに当たりそうになってもちゃんとバックできるのでご安心を。
UpdateDate : 2016-07-22 08:42:50
Author : ✎ MKタクシー


この記事をシェアしてください。 ☺

山鉾巡行@新町三条上ル

観覧場所(南側)
左の電信柱が危険箇所
35.00880563250548
135.75661187293008
184.61376991633588
13.206965880535234
1
20
35.00880563250548,135.75661187293008,184.61376991633588,13.206965880535234,1

観覧場所(北側)
右の電信柱が危険箇所
35.008802337154606
135.75660516740754
-1.6927804117669715
14.761095957742201
0
20
35.008802337154606,135.75660516740754,-1.6927804117669715,14.761095957742201,0

観覧場所
そんなに混みあわないので、四条通で全ての山鉾を見終わってから移動しても十分です。
35.008801238704294
135.75660650851205
0
0
0
19
35.008801238704294,135.75660650851205,0,0,0
長刀鉾
先頭を切って長刀鉾が近づいてきます。 観客は白線からさらに一歩内側に入れと指示されます。 少しでも前も出ると曳き方にあたってしまいそうです。 棟までの高さ:7.6m 重量:11.10トン
OpenMatome
長刀鉾
ギリギリです。 電信柱の位置ももう少し考えたら良いのに、とも思いますが、あえて見せ場を残しているのでしょうか。 ただし全ての山鉾が新町通を通るようになったのは1977年と意外と新しいので、一度作ってしまった電信柱を簡単には動かせず、道路を横断する電線をなくすだけで精一杯だったのでしょう。 なお新町通は電線地下化が検討されており、遠からず今のような山鉾巡行は見られなくなるかもしれません。
OpenMatome
屋根方は足の裏で巧に電線を押しのけています。 もともとこうしないと通過できない設計になっているようです。
OpenMatome
函谷鉾
電信柱まで数センチのところを華麗に通過 棟までの高さ:約8m 重量:11.39トン
OpenMatome
月鉾
重量:11.88トン 山鉾中最も重い鉾であるだけに、通過も一番困難なはずです。 さあどう通過する。
OpenMatome
屋根方は必死に電信柱を手と足で押さえつけています。 11.88トンの巨体にどれだけ効果があるのかわかりませんが。 大通りでは特に仕事もなく楽しそうな屋根方ですが、新町通に入ると一転大仕事の連続。
OpenMatome
岩戸山
重量:8.24トン 鉾ではなく曳山なので、これも余裕をもって通過 こちらの屋根方は月鉾とかと違ってあまりお仕事はないようです。
OpenMatome
放下鉾
おっと電線をじかで触ってます。 万が一に備えてこの時間帯は通電していないのかもしれませんね。
OpenMatome
操縦方法
鶏鉾
山鉾にはハンドルはもちろん操縦装置は何もついていません。 曲がるときはご存知のとおり「辻まわし」ですが、コースの微調整は「かぶらでこ」という独特の道具を車輪したに挟み込むことで行います。 真ん中の人が持っているのが「かぶらでこ」 左のは単なる車止め。 右に曲がるときは、写真のように左前輪の外側と右前輪の内側にかませます。
OpenMatome
かぶらでこ
車輪が少し乗り上げることを利用して進行方向を調整するため、その度に鉾はドスンと揺れます。 かませる深さと回数、両輪ともか片輪のみかで少しづつ方向を変えていきます。 かぶらでこ自体にも複数の角度のものがあり、使い分けていたようにも見えました。
OpenMatome
長刀鉾
センチ単位で精密に運行するためにもう一つ重要なのが速度の調整。 10トンもの巨体のため、引くのをやめても慣性の法則でしばらくは進んでしまいます。 そのため後方にも綱がついており、後ろからも引くことで巧にブレーキをかけます。 前後の連携プレーもみどころの一つ。
OpenMatome
月鉾
普段はこのようにたるんでますが、頻繁に遅くしたり止めたりで活躍します。 そのため鉾の速度は遅く、鉾の後ろには山がズラッと大渋滞を起こします。
OpenMatome
バックする菊水鉾

四条室町上ル
35.00397895113817
135.75812478549778
0
0
0
18
35.00397895113817,135.75812478549778,0,0,0

四条室町上ル
35.004066797968555
135.75811485294253
-181.33037468087065
5.765698146210433
0
19
35.004066797968555,135.75811485294253,-181.33037468087065,5.765698146210433,0
巡行を終え、下の位置に戻るため四条室町を左折します。 写真は新町通から南の四条通方面を見ています。 でも写真のとおり少し斜めを向いています。 もう一度辻回しをするか、強引に直進しながらコースを調整するかの判断ですが、直進を選択。 観衆からはどよめきが。 ベテランの曳き手も「この角度は初めて」とつぶやく。
OpenMatome
徐々にコースを調整しながら近づいてきます。 最大の障害である左の電信柱をクリアできるか。
OpenMatome
さらに接近。 まだ少し斜めになっていますが、曲がりきれるかどうか。
OpenMatome
菊水鉾
ダメでした。 このままではどう考えてもぶつかります。 一体どうするのか・・・。 観衆にも動揺が走ります。 そこで出たのが伝家の宝刀「バック」。 曳き手の一部が後ろにまわり、後ろの綱を引っ張ります。 写真ではわかりませんが、今まさにバック中です。
OpenMatome
あとは自動車と同じ要領で2度の切り返しを経てようやく通過に成功。 見てのとおり両サイドともギリギリです。 菊水鉾にとっては新町通以上の難所なのかもしれません。
OpenMatome
無事通過、と思いきや思わぬ障害が発生。 上の榊が思いっきり変圧器にあたってます。 さあどうする。
OpenMatome
そのまま強引に突っ切りました。 多分ここが引っかかるのはいつものことなんでしょう。 いやはや鉾がバックできるとは知らなかった。
OpenMatome
ご予約・お問い合わせ
観光タクシー・ハイヤー
ご予約・お問合せはお電話(075-757-6212)、またはMKタクシーHPで。
WEB予約もできます(WEB予約割引1割引!)
観光タクシー・ハイヤー
MKタクシー
通常のタクシーは075-778-4141まで お電話不要、簡単注文「スマホ配車」はこちら
MKタクシー

この記事をシェアしてください。 ☺





関連記事
1
2016年祇園祭 点描
2
長刀鉾 車方インタビュー ~祇園祭・裏方ひとすじ
3
いよいよ祇園祭本番!山鉾建て始まる
4
【祇園祭】7/18朝時点の山鉾解体 ~鉾は骨組みだけに。山はほぼ解体
5
【祇園祭2018】7/18朝時点の山鉾解体 ~山鉾巡行から一夜明け、後祭へ
6
【祇園祭】7/11朝時点の山鉾立て ~5基の鉾が組み上げ中
7
【祇園祭】7/11朝時点の山鉾建て ~6基の鉾が組み上げ中
8
【祇園祭2018】7/17朝、山鉾巡行へ向けて準備進む
9
京の夏を彩る"祇園祭"
10
【祇園祭】7/19朝時点の山鉾立て ~3基の鉾と曳山が組み上げ中
Maiko SNS
SNSで舞妓さん撮影会の情報発信中
APP
iPhone/iPadで舞妓さん撮影会、今咲いている京都の花情報配信中(無料)


人気のある記事
1
『舞妓さん撮影会~写真をオープンデータ化』参加者募集中!
2
iPhoneを縦向きで動画撮影したときの編集方法
3
自動車運転免許の最高峰 けん引第二種免許とは
4
【京都】町家でランチ〜厳選7店
5
京都の『やきいも』~4カ所巡り
SS