openmatomeview

フォト俳句(68)『陽炎やキャンパス内に毬の山』
同志社大学の京田辺キャンパス内の野趣あふれる情景です。 写真がなければ栗の毬(いが)を「毬栗頭」(いがぐりあたま)と想像力を働かせる方もおありかもしれません(丸刈姿は中学高校でも少なくなりましたが)。 確かに句とのとりあわせでズバリの写真はネックもありますが、説明と写真が有用なケースもあります。
Updated Date : 2017-04-27 15:15:35
Author ✎ さくらがい
この記事をシェアしてください。 ☺

同志社大学京田辺キャンパス
キャンパス内の敷地で古墳のある一角に散らばる毬栗(いがぐり)と奥に陽炎(かげろう)が見えます。 (季語 陽炎→春)
OpenMatome

同志社大学京田辺キャンパス
34.8022815223839
135.76953459757533
0
0
0
15
34.8022815223839,135.76953459757533,0,0,0
この記事をシェアしてください。 ☺


関連記事

フォト俳句(148)『一陣の風去りゆけり秋の声』
フォト俳句(160)『白息の筋塀に沿う女坂』
フォト俳句(333)『よーいドンで霞む堂内すす払い』
フォト俳句(61)『雷鳴や梅雨明け宣すファンファーレ』
フォト俳句(105)『愛犬へ供えてやりぬ額の花』